85Kgから70Kgまでダイエットと禁煙した方法

menu

1年で15キロダイエットと禁煙をした結果

まだ遅くない。正月太りを避けるために気をつけたい3つのこと

  • 2014
  • まだ遅くない。正月太りを避けるために気をつけたい3つのこと はコメントを受け付けていません。

今年の正月休みは9連休だ。

寒くて外にでることは減るし、酒の量は増えるし、太るには絶好の機会だ。
何も気にせずにいると休み明けに怖くて体重計に乗れないなんてこともあるだろう。

今回はそんな事態を避けるためにこれだけは気をつけておけという3点を書いてみる。

1,糖質を避ける

とにかくこれさえ気をつければ太り過ぎるということは無いし、休みが終わったら痩せていたなんてこともあり得る。
正月によく食べるもので糖質が多く含まれるものは以下のものだ。

 

餅、赤飯、栗きんとん、日本酒、ビール

 

普段からただでさえ糖質を摂り過ぎなのに、正月にも餅をたくさん食べて、お酒をしこたま呑んでという食生活では話にならない。

2,できるだけ歩く

初詣などできるだけ歩いて行くようにしたい。
できれば1日1時間程度のウオーキングはしたいところだ。
1時間ほど歩けば、300Kcalほど消費できる。
筋トレもできればなお良い。
運動不足になると夜もぐっすり眠れなくなり、悪循環になっていく。

3,生活リズムを崩さない

長期休みになると体調を崩してしまう人は結構多い。
普段と違うリズムになると、体は悪い影響を受けやすいのだ。

 

できるだけいつもと同じ時間に寝て起きるリズムにしておきたい。

 

そうすれば仕事始めにもスムーズに入れるだろう。

まとめ

今回書いたことは正月に限ったことではない。
しかし、正月は気が緩んでしまいがちだ、自分に対する戒めでもある。

 

今年の目標はダイエット!という人もいるだろう。
幸先良いスタートにしたい。

軽い体をつくる!  糖質制限の太らない生活 (洋泉社mook)
洋泉社 (2013-11-27)
売り上げランキング: 3,018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。