85Kgから70Kgまでダイエットと禁煙した方法

menu

1年で15キロダイエットと禁煙をした結果

筋トレでやるべき種目を1つあげるとすればコレ。

前々回の私が結果を出したダイエット達成までの3ステップの1ステップ目として前回ダイエットに本気で取り組むならまずは筋肉をつけるべきだ。を書いた。

そして今回は、実際に筋トレをやるなら何をやればいいか。ということについてだ。

結論から言うと”スクワット”をやることを提案する。

スクワットの効果

スクワットなら、誰でも知っている人もと思う。
立った姿勢から腰を下ろして上げるという主に脚のトレーニングで行う種目だ。

なぜスクワットがいいかという理由は次の通り。

  • 筋トレの中で一番大きな筋肉を鍛えられる種目
  • 成長ホルモンの分泌を促進
  • 脂肪燃焼効果が高い
  • 脚に筋肉をつけておくことで、次のステップの有酸素運動の基盤ができる
  • 省スペースでいつでもできる

人間の筋肉の中で、最も大きな筋肉は大腿四頭筋、太ももの筋肉だ。
ここの筋トレをすることで、体全体の筋肉量も増えやすくなる。
単純に、腕を脚を想像してみると分かるだろう。
そして、スクワットは”トレーニングの王様”と言われている。

スクワットの注意点

非常に重要なスクワットだが、効果的に怪我をすることなく行うにあたって注意点がある。
それはフォームだ。

フォームが正しくないと効果は激減する。
最初は徹底的にフォームが身につくまで練習してほしい。

Youtubeなどで動画がたくさん上がっている。
簡単にポイントを言うと

    • ヒザがつまさきより前に出ないようにする
    • お尻を突き出すように下ろす
    • 背中は曲げない
    • 息を吐きながら上げて吸いながら下ろす

こんなこところだろう。

やってみたら分かるが、スクワットは疲れる。
数あるトレーニング種目の中でも最もキツイ種目と言ってもいいだろう。

それだけ効果があるということなのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。