85Kgから70Kgまでダイエットと禁煙した方法

menu

1年で15キロダイエットと禁煙をした結果

最も手っ取り早く食事制限する方法とは。

無駄な脂肪を落として、理想の体になるためにの鉄則は、結局運動と食事制限であることは誰でも知っている。
そこまでの道のりが何パターンもあるので、どの道が最も近道なのか、楽な道なのかを探し続けているといったところだろう。

いくつもの道の中でで比較的楽な道のりとも言える方法がある。
「朝食を抜く」ことである。

実体験から分かったこと

私は、高校生の時にダイエットして成功した経験がある。
その方法とは、夕食をかなり少なくして朝食をたくさん食べるという方法だった。
確か10kgほど減らした。(社会人になってからどんどん体重は増えるわけだが。)
この成功体験があったので、大人になってからのダイエットでも同じ方法で痩せようとしたがなかなかうまくいかなかった。
そして、朝食を抜くなんて方法は「逆に太りやすくなる」とか「頭が回らなくなる」とか悪いイメージを持っていたので
なかなか手を出せなかった。というより選択肢にもなかった。

ところが、筋トレをやるようになると、筋トレができる時間帯はどうしても夜になってしまった。
筋トレのあとは、プロテインを飲んだりちゃんと栄養補給をしないとダメだと学んでいたので、夕食はちゃんと食べるようにした。
それで更に朝食や昼食もしっかり食べちゃうのはまずいかも、と思って朝食は抜いて昼食も軽くした。
そんな生活を続けているうちに少しづつ体は変わっていき、体重も体脂肪を落として筋肉が浮き出てくるようになった。

朝食は抜きやすい

朝は誰でも忙しい。
少しでも寝ていたいという人もいるだろう。起きてもテンションが低い。
こんな状況こそ食事をしないという選択をしやすいのではないだろうか。
もしくは、目覚ましにブラックのコーヒーだけとかで済ます。

逆に夜は、仕事のつきあいや家族との時間で抜くとこが難しいかもしれない。
実際私も、朝は家族が寝ている間に家を出るので食事なんかどうでもいいか、夜は家族みんなで食べたいという思いがある。
家族がみんな食べているのに、自分だけ食べないというのも寂しいものである。

断続的断食

この方法は、断続的断食とか断食ダイエットと言われる方法に当てはまっている。

これは24時間とか食事を摂らないことで成長ホルモンが分泌されやすくなり、体脂肪燃料効果が高まるという方法である。
ただし、筋肉をつけながらやるには12〜14時間ほど断食をするサイクルがいいという説もある。
つまり、夜8時に夕食を食べたら翌朝の10時までは何も食べないということだ。
それ以上時間を空けてしまうと異化作用といって、筋肉の破壊が進んでしまうのでここで食事を摂る。

後から知ったことだが、私は自然とこれに近い方法をとっていてダイエットに成功した。
環境や体質は変わっていくものである。
固定観念や成功体験に固執せずに、柔軟にいろいろな方法を試してみるのもいいかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。