85Kgから70Kgまでダイエットと禁煙した方法

menu

1年で15キロダイエットと禁煙をした結果

同じカロリーならあなたはどちら?ジョギング30分?ごはん1膳?

痩せ方の最も単純で王道の考え方は、消費カロリー>摂取カロリーにすることだ。
結局これに尽きる。
では、消費カロリーを増やすことと摂取カロリーを減らすことはどちらがいいのだろうか。

1日250Kcalの消費を増やすか摂取を減らす

脂肪1kgのカロリーは約7000Kcalである。
つまり、1ヶ月に1kgの脂肪を減らすとしたら、現状から1日250Kcalの消費を増やすか摂取を減らすかすればいい。
250kcal ✕ 30日 = 7,500kcal
理論上1kgの脂肪が消滅する。


250kcalの運動
ジョギング  30分
自転車    30分
ウオーキング 1時間30分
水泳     25分

250kcalの食事
ご飯  1膳
食パン 2枚(8枚切り)
リンゴ 2個
ビール500ml 1本

どっちがいいの?

結論から先に言おう。
私は摂取カロリーを減らすほうが楽だった。
毎日のことと考えて、毎日30分走るのと毎日ごはん1膳減らすのでは断然後者の方が気持ち的にもハードルが低い。

人それぞれだが、両方ためしてみるといいと思う。
いろんな観点から判断の仕方はある。

健康的な観点から見るとどうだろうか。
これはカロリー消費以外にも様々な効果が得られる運動をするほうが良さそうだ。
血圧やコレステロール値を下げる効果がある。
ストレスの発散にもなって、心にも体にも良い。
しかもランニングには中毒性があって実は習慣化しやすい。
走らないと気持ち悪くなるほどだ。

時間的な観点で見ると摂取カロリーを減らす方に軍配が上がる。
有酸素運動は最低でも30分はやったほうがいい。
最初の20分くらいは使われるエネルギーが糖質で、それを過ぎてから脂肪が使われるようになるからだ。
(余談だが、だからこそ先に筋トレをやって糖質を使ったあとで、有酸素運動をやると脂肪燃焼に効果的である)
有酸素運動は最低でも30分という時間を使うが、食事制限は食事に使っていた時間が増える。

まあ、余裕がある人は両方やるのが最強だが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。